エミオネ

エミオネの使い方をちょっと工夫するだけでニキビが完全消失

どんな化粧水でも、使用方法が誤っていたりすると、効果が得られにくかったり、全く効果が出なかったりしますよね。せっかく使うものであれば、しっかり効果を出したいものです。今回は、普段の使い方にひと手間加えることで、より高い効果を得る為の方法をお伝えします。

抑えておきたい、基本の使い方

公式サイトで紹介されている使用方法は、洗顔後にハンドプレスして使用する方法です。通常の洗顔後のケアと大きな違いがなく、継続しやすいというのも人気の秘訣です。前処置としてしっかり洗顔を行い、清潔な肌にしてから使用すること、またニキビの気になる部分に関しては重ねづけをすることで、より高い効果が得られます。

ひと手間加えて、効果アップ!

エミオネの効果を高める方法として、手でハンドプレスするように使用する方法を公式サイトでは推奨しています。更に効果を高める方法としては、コットンに染み込ませてパックのように使用する方法があります。これにより、全体にむらなくエミオネを浸透させることが出来ます。その上で、気になるニキビには重ねづけをすることで、より高い効果が得られます。エミオネの使用方法を工夫する以外のところで、それ以上の結果を出す為には、洗顔の方法、また保湿の方法を工夫する必要があります。ケアを行う順に沿って、その理由も交えながら解説していきます。

 

まず、洗顔を行う前に、よく手を洗います。手には、目に見えない無数の細菌が存在しています。清潔な環境で働いていると考えられている医療従事者ですら、1cm2の範囲に約40,000個から4,600,000個もの細菌が存在しているというデータもあります。手を洗わずに洗顔するという事は、炎症しているニキビに細菌を塗っているといっても過言ではありません。このため、洗顔を行う前に手をよく洗い、手を清潔な状態にしてから洗顔を行う必要があります。
いよいよ洗顔かな?と思ったあなた。洗顔の前に、顔を素洗いします。素洗いをする理由としては、いきなり洗顔料を使用すると、肌に対する刺激が強くなる為、素洗いを行います。また、この素洗い、その後の洗顔において重要になってくるのが水の温度です。この理由としては、毛穴から分泌される皮脂が溶け出てくる温度にあります。ずばり温度は32°前後。目安としては、手で触れてみて、少しひんやりする位がちょうどその位の温度になります。

 

次に、洗顔料を付けて顔を洗う際ですが、蒸しタオルを併用します。メイクをしている場合は、よく落としてから蒸しタオルを使用して下さい。
蒸しタオルは、濡らしたタオルをロールケーキのように丸めて電子レンジに入れ、500Wで1分程温めます。水気の絞り具合や加熱時間は、好みが分かれますのでお好きな具合で調整して下さい。ただ、温め過ぎの火傷には要注意です。

 

蒸しタオルを準備するタイミングは、洗顔を行っている間が良いです。これは、洗顔を行う前に準備してしまうと、洗顔している間に蒸しタオルが冷えてしまう為です。洗顔料を顔全体に馴染ませておき、蒸しタオルができたら、洗顔料が染み込んだ肌の上に蒸しタオルを乗せ、両手でハンドプレスするようにしながら、3分程当てておきます。

 

その後、蒸しタオルで洗顔料を軽く落としてから、すすぎを行います。この時に、しっかり洗顔料を洗い流すことがポイントです。洗い残りによって、毛穴をふさいでしまい、ニキビの発生を助長する可能性がある為です。こうした手間をかけることにより、毛穴がしっかり開き、効率よく汚れを落とすことに繋がり、化粧水の効果を高めることが出来ます。これらの手間により、毛穴の汚れをしっかり落ち、エミオネの浸透効果が高くなるという訳です。

 

その後の保湿は、叩く、擦る等して皮膚に刺激が加わらないように注意する必要があります。これらの刺激により、ニキビの炎症を悪化させる可能性が考えられます。優しく、全体に馴染むようにハンドプレスして使用することが重要です。

 

いかがでしたでしょうか?エミオネ化粧水の効果をより高める為には、エミオネの使用方法を変更する必要もありますが、それと同じくらい前後の洗顔や保湿が重要です。効果をきちんと得る為には、これらの作業により手間をかけることで、効果が得られやすい状態に近づけることが出来ます。普段のケアだけでは、なかなか効果が得られにくいという方は、少し手間をかけてケアしてみることも必要かもしれませんね。