エミオネ

ニキビケアの正しい洗顔方法とは?

ニキビケアといえば、まずは洗顔が思い付くのではないでしょうか?しかし意外と正しい洗顔方法を知らずに、ニキビを悪化させている方が多くいます。ここでは基本中の基本である正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

 

ニキビを悪化させるNG洗顔方法とは?

 

ニキビができたからと念入りに洗顔をした人が余計に悪化させてしまったという話はよくあります。間違った洗顔方法がニキビの原因となっていたということが本当に多いのです。そこでNG洗顔方法とその原因を挙げていきます。
@1日何回も洗顔している。
ニキビができてしまうと、早く治そうと何回も洗顔したくなりますよね。しかし洗いすぎてしまうと、必要な水分や皮脂まで洗い流してしまい、お肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下した肌はニキビができやすい状態になっているのです。
A洗顔する前に手を洗っていない。
意外と知られていませんが、手には雑菌や汚れが付いています。せっかく洗顔するのに、手についた雑菌が顔に付いてニキビの原因となってしまうのです。
B冷たい水や熱いお湯で洗顔している。
冷たい水では汚れが十分に落ちず、また熱いお湯だと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
Cゴシゴシしっかりと力を入れて洗顔している。
汚れを落とそうとゴシゴシ洗顔してしまうと、摩擦でお肌のバリア機能を果たす角質までも剥がれてしまいます。またその洗顔がニキビ部分を刺激して、炎症を悪化させてしまいます。
D洗顔料は適当に決めている。
自分の肌に合った洗顔料でなかったり、ニキビ専用の洗顔料であっても、強すぎて必要な皮脂まで落としているかもしれません。
E洗顔後はタオルでゴシゴシ拭いている。
洗顔後にタオルで強めに拭いてしまうと、刺激が角質を傷付けているかもしれません。
F拭き取りのタオルを使いまわしている。
一度使ったタオルには雑菌が繁殖している可能性があります。洗顔後にそのタオルを使ってしまうと、せっかく綺麗になった肌に雑菌を塗り付けているようなものです。
G洗顔後すぐに保湿をしていない。

洗顔後の肌はあっという間に乾燥していきます。乾燥した肌は過剰に皮脂を分泌し、ニキビの原因になります。

 

ニキビケアの正しい洗顔方法とは?

 

それでは順を追ってニキビケアの正しい洗顔方法を挙げていきます。
@準備
●髪の毛が顔にかからないようにまとめる。
●手をハンドソープでしっかりと洗う。
Aクレンジング
●蒸しタオルで毛穴を開かせる。
●クレンジング剤を顔全体に優しく馴染ませて、32?34℃のぬるま湯で洗い流す。
B泡立て
●洗顔料を泡立てネットでしっかりと泡立て、きめ細やかな泡を作る。
C汚れ落とし
●Tゾーン、Uゾーン、頬、目や口周りの順番に泡を乗せていく。
●手が肌を触らないよう、撫でるように優しく洗う。
●ニキビ部分には洗顔料が触れないように避ける。
●汚れ落としは手早く終わらせる。
Dすすぎ洗い
●すすぎは丁寧に32?34℃のぬるま湯でしっかりと行う。

●特に髪の毛の生え際はしっかりとすすぐ。
E拭き取り
清潔な柔らかいタオルで、優しく押し当てるように水分を拭き取る。
F保湿
●拭き取りをしたら間髪入れずに保湿をする。

 

正しい洗顔料選びとは?

 

洗顔料には固形やチューブなど色々なタイプがありますが、使いやすいタイプを選んで構いません。ここでいう洗顔料の種類は洗浄成分が「石けん」か「合成界面活性剤」のどちらでできているかということです。そしてニキビケアとしてオススメするのが石けんでできた洗顔料です。石けんの洗浄成分は牛脂やパーム油、オリーブ油などの天然成分でできており、肌に優しくお湯で簡単に洗い流せるのです。一方で合成界面活性剤でできた洗顔料は洗浄力が強すぎて、お肌の必要な皮脂や水分まで洗い流してしまいます。またニキビができているお肌は敏感な状態なため、合成界面活性剤にアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあります。洗顔料を購入する際には成分表示を確認して選ぶようにしましょう。