エミオネ

エミオネでニキビ跡を治す!圧倒的に速く結果を出す方法

思春期でも大人でも、悩まされている人が多いニキビ跡。ニキビは、基本的なスキンケアや、生活習慣を少しずつ改善することで、治癒が可能です。しかし、ニキビ跡の場合は治療に難渋するケースが多く、皮膚科の専門医を受診し、治療を受けている方も多い印象です。また、基本的に完治には長期間を要し、「もう一生このままなのかな。」、「色々試してみたけど、全然良くならない!」とマイナス思考になりがちです。しかし、適切な時期に、適切な処置を行うことによって、ニキビ跡を治すことや、跡が残ることを予防することができます。今回は、「エミオネでニキビ跡をもっと速く消す方法」にフォーカスを当て、記事をまとめてみました。

早く、しっかりと結果を出す為に取り組みたいこと

ニキビケアの関連商品と聞くと、「種類が2つも3つもあって、@を塗った後に、Aを塗って、その後気になるところには更にBを塗って...。」なんて手間が掛かる商品もありますね。エミオネは、普段しているお肌ケアと、全く同じと言っても過言ではありません。

 

まず、使用前に洗顔をして、皮脂汚れやメイクを落とします。その後、水分を拭き取り、エミオネを手のひらに適量とり、ハンドブレスして全体になじませていきます。特に、ニキビ跡や、気になる部分には重ねてつけていきます。これだけです。より効果を高めたい場合には、洗顔の前に蒸しタオルをあてて毛穴を開かせ、汚れが浮きやすい状況を作り、よりエミオネが浸透しやすい環境にするとより効果的です。さらに、エミオネをコットンに染み込ませ、コットンパックにして当てると効果的です。時間は、あまり長時間行うと皮膚呼吸の阻害になってしまう為、5分程度が良いとされています。

 

毎朝、毎晩の化粧水を変えるだけ。一人一人の肌の状態に合わせて、使い分けることができる。だからこそ、ストレスフリーで毎日継続することができ、継続することで効果が得られやすいという特徴があります。

結果を出す為に、注意したいこと

これだけ簡単なので、誰でも同じことが、同じ条件下で行えます。しかし、その中でも個人差というのが当然出てきますよね。何が違うのでしょう、個人差ですか?生活習慣の差ですか?でも、ちょっと待ってください!それを疑う前に、ケアの仕方に違いがあるかもしれません。

 

まず、洗顔の仕方です。
ある2人の洗顔方法を比べてみます。Aさんは、「エミオネをしっかり染み込ませたいし、少し力を入れてゴシゴシ洗えば皮脂汚れが沢山落ちて、より効果的だろう。」、Bさんは、「あんまり擦りすぎないよう、優しく洗ってあげなきゃ。」。さて、どちらの洗顔方法が正しいでしょうか?答えは、Bさんの洗い方です。Aさんのようにゴシゴシ洗えば、確かにしっかり洗えていると感じてスッキリするでしょう。しかし、皮脂汚れ等を落とすと同時に、皮膚まで傷つけてしまいます。つまり、新しい炎症を引き起こすキッカケを、自ら作り出していることになるのです。これは、個人差でも、生活習慣の差でもなく、誤った洗顔方法が引き起こしているものと考えられますので、注意が必要です。

 

また、エミオネを実際に皮膚に塗る際にも、同じ注意点が挙げられます。理由は、全く一緒です。皮膚に傷をつけないように、刺激を加えないよう優しくケアしてあげて下さい。

 

上記の注意点をそれでも結果が出ない、全然変わらない、また合わないと感じる方もいると思います。そこで初めて、個人差や生活習慣を疑います。適不適があります。それは当然のことなので、違うものを試してみる、また皮膚科を受診することをおススメします。
それが顕著に出ている口コミがありましたので、以下にまとめました。

 

 

深夜業務などのシフトの関係で、かなり肌に負担をかける生活をしているせいでニキビに悩まされてました。
でも『エミネオ薬用プレミアムアクネケアローション』を始めてからはニキビはもちろんニキビ跡もきれいになってすごく嬉しいです。
厚化粧でニキビを隠すこともなくなってよかった。(27歳女性)

 

素肌で勝負の自分みたいな男からしたら、ニキビがあるのは悩みます。
この商品を使うようになってから毛穴も気にならなくなって、赤かったニキビも薄くなって、今では跡形もなく消えました。
完全にニキビができなくなった!っていうのはないですが、前に比べたらマシになりました。
今度から肌に気を使っていきたいと思いましたね。(20歳男性)

 

エミオネは小さいので、少しの量で使っていたら、できているニキビの治りは早いけど、また繰り返しできるようになりました。
あと、お肌がちょっとつっぱります。乾燥肌の私には合わないです。(女性)

 

 

いかがでしたでしょうか?数あるニキビケア化粧品の中でも、特に簡便に使うことができるエミオネをご紹介しました。正しい使い方、注意点を厳守することで、より高い効果が得られることでしょう。自分に合ったものをしっかり使いこなし、肌トラブルフリーな生活への近道を歩める一助になることを願っています。